治療検査センター

TOP診療科・部門紹介治療検査センター

治療検査センターは、「腎センター」と「内視鏡・放射線科検査部門」を統合した部門です。
看護師9名と看護補助者1名が勤務し、透析治療、内視鏡検査・治療、透視を利用した特殊検査等を受けられる患者さんに、
安心・安全な医療が提供できるよう、スタッフ一人ひとりが丁寧な看護を心掛けています。
そのため、特殊な医療器材を用いた検査や治療について、医師の指導・協力を受けながら、学習し専門性を高めています。

腎センター

腎センター

主に、血液透析導入期・維持期の
患者さんの血液透析治療を行っています。
また、旅行や里帰り等のゲスト透析の受入れや、
緊急透析にも対応しています。

内視鏡部門

内視鏡部門

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、
下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)、
内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)等の検査や、
内視鏡によるポリープ切除術、内視鏡的粘膜切除術(EMR)等の
治療を主に行なっています。

放射線科部門

放射線科部門

冠動脈CT検査や脊椎造影検査等、特殊な検査の介助を行っています。
スムーズな検査の進行や、造影剤の副作用等に注意し、
放射線科と協力し安全な医療をモットーに取り組んでいます。