認定看護師の紹介について

 

 

 

感染管理認定看護師

堤 真粧美


感染管理認定看護師

 壱岐病院感染管理認定看護師の堤です。
 日頃は、感染防止対策チームのメンバーと力を合わせ、壱岐病院を訪れる患者さんやそのご家族、職員をはじめ院内 全ての人が感染症に罹患しないように、拡大しないように、また、そのリスクを少しでも低減するために活動しています。 専従としての活動も2年目を迎え、院内の活動にとどまらず、地域の医療・介護施設で感染防止対策に取り組む人たちと 協力し感染予防活動の輪が広がるように進めているところです。2017年は、市内保育所の園児の皆さんや老人ホームに 入所中の皆さんと感染症予防のための手洗いの方法について学習する機会をいただきました。今後も、患者さんに安全かつ 安心して医療を受けていただける療養環境と職員の安全な職場環境の整備に取り組んでまいります。地域の皆様のお役 に立てるようと考えています。

 以下のようなご相談があれば遠慮なく壱岐病院へお問い合わせください。

感染管理室の業務
1.感染予防対策についての相談
  施設の感染対策研修会の講義
  施設の感染対策チーム(委員会)活動の支援
  施設の感染防止対策マニュアル作成についての相談
  アウトブレーク発生時の対応について相談

2.感染症関連情報の提供
  最新の感染防止対策関連ガイドライン情報


緩和ケア認定看護師

中村 真由子


緩和ケア認定看護師

 緩和ケア認定看護師の中村 真由子です。
 2018年6月に緩和ケア認定看護師の資格を取得しました。
 2018年7月には、多職種(医師、病棟・外来看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、地域連携室看護師) で構成した緩和ケアチームを立ち上げ、毎週水曜日に病棟ラウンドを行っています。 緩和ケアでは、がんと診断されたその時から人生の最期の時を迎えるその時まで、患者さんとその家族の意思を尊重し、 「その人らしく生きる」を支えることを目標としています。緩和ケアの対象はがん患者さんだけでなく、全ての患者さん が該当するとも考えております。
 緩和ケア認定看護師の役割は、患者さんの身体や心のつらさを和らげ治療に取り組めるようにしていくことや、 病気と共に患者さんの望む生き方ができるよう、患者さん・ご家族と一緒に考えていくことです。また、緩和ケアの 普及・質の向上への貢献、緩和ケアに携わるスタッフのみなさまの相談役を担えればとも思っております。 いつでもお気軽にご相談いただければと思います。
 みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。