4階療養病棟

4階療養病棟


4階療養病棟

 医療型療養病床48床です。

 急性期や包括病棟からの転入や、介護負担軽減のためのレスパイト入院を受け入れています。 スタッフは医師1名、看護師11名、看護補助者13名、医師事務作業補助者1名、 受付事務1名の合計27名でチームワークを大切に看護・介護を行っています。 H30年4月に入職した3名の看護補助者も、高齢者が安心して療養できるように介護について学んでいます。
また、地域の介護・福祉施設で働く介護福祉士の吸引実施研修も受け入れています。
褥瘡の治療にYAC療法(陰圧維持管理装置)が導入され、3症例経験しました。どの症例もめざましい回復でした。 現在も自宅退院を目指し、褥瘡予防の指導や継続治療を行っています。
 病棟内では季節が感じられるように、作業療法の一環としてペーパーフラワーの作成、その花を壁や窓に飾りお花見気分を一緒に楽しんでいます。 また、ADLが低下しないように病棟内の歩行練習を行っています。 ターミナル期では、患者さんに寄り添う看護・介護を目指し、スタッフ全員で取り組んでいます。