3階内科系急性期病棟

TOP診療科・部門紹介 看護部3階内科系急性期病棟

3階内科系急性期病棟


3階内科系急性期病棟

3階急性期病棟は内科・小児科を主とする急性期病棟です。

 急患受け入れ体制を常に整え急性期の治療・看護を行っていきます。 病床45床を有し、検査(大腸カメラ・内視鏡的粘膜下層剥離術等) 手術(ペースメーカー植え込み術、皮下埋め込み型中心静脈アクセスポート等)が 必要な場合や肺炎・感染症等、集中的な治療が必要な患者さんが入院されています。
 日々の看護は、看護師が2人1組になって担当するPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム) 看護体制を継続し、知識・技術の向上に努めています。又、患者さんが安心して 療養生活を送って頂けるように、他職種と連携をとり、患者さんに応じた看護を行っています。