3階内科系急性期病棟

TOP診療科・部門紹介 看護部3階内科系急性期病棟

3階内科系急性期病棟

3階内科系急性期病棟

 当病棟は、主に内科系急性期の患者さんと小児科の患者さんが入院されています。 当院の中では一番入院退院の患者さんが多い病棟です。その為いつでも入院治療が必要な 患者さんを受け入れられるように、他の病棟と連携を取りながら入院体制を整えています。
 消化器疾患の治療では、大腸ポリペクトミーやESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)・化学療法等を行っています。
循環器患者治療ではペースメーカー植込み術等も行っています。
 突然の入院で不安を抱えられている患者さんやご家族に、他職種とも連携をとり安心して検査、治療を受けられる様援助を行います。 看護体制はPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を継続し、知識・技術を共有しています。
 明るい笑顔での対応と常に患者さんにとって何が一番よいのかを共に考え、実践する看護を目指していきます。