薬剤科

薬剤科
薬剤科は、患者中心の医療を目指しています。そのために常に、患者さんの立場を大切にし、対話しながら、医療事故の防止と安心できる薬物療法に貢献していきます。また、常に薬剤師としての知識や技術の向上に努め、チーム医療の一員として、専門性を発揮していきます。日常業務に追われる日々ですが楽しい職場です。若い薬剤師さんを募集中です。皆さま一度見学にいらっしゃいませんか。

構成とセールスポイント構成とセールスポイント

薬剤師4名と調剤助手1名の5名の薬局です。平成27年度10月より、電子カルテの運用を開始しました。院内における情報が共有化されることで、薬剤科の業務も充実し、より丁寧、正確な業務に取り組みます。

事業内容事業内容

主に、処方監査・調剤、服薬指導、薬剤の管理、医薬品情報提供を行います。

[ 処方監査 ]
薬学的知識を基に、医師から指示された処方内容の監査を行い、薬剤の用法・用量、相互作用、禁忌、また複数受診科における重複などを確認し、場合によっては、医師に疑義照会します。
[ 薬剤の調剤 ]
処方箋の指示に従い、内用薬、外用薬、注射薬を調剤します。内用薬剤は、全自動錠剤分包システムや散薬監査・散薬分包機を用いて、処方箋に従った正確な調剤を行っています。また、注射剤についても、注射処方箋に基づく詳細な調剤を行っています。<化学療法薬の混合調剤>
島外の医療施設からの継続治療で、化学療法施行中の患者をサポートしています。安全キャビネットも設置され、薬局内での混合調剤も開始しました。
[ 服薬指導 ]
入院患者のベッドサイドに出向き、薬剤の効能効果や副作用について説明します。薬剤の服用状況や、副作用・薬物相互作用を確認し、必要に応じて医師に報告します。また、外来受診の患者さんにも、特に希望される患者さんには薬剤・使用方法・服用についての説明をしています。
[ 医薬品情報提供 ]
患者さんや医療スタッフからの問い合わせに対応しています。また、外来・入院患者の島内外からの持参薬の検薬も行っています。
[ 医薬品の管理や保管 ]
薬剤の発注管理システムを導入し、パソコンによる医薬品の購入・管理・供給を実施しています。また、日赤より島内の血液製剤の管理委託を受け、各病院からの血液製剤の発注と払出もしています。当病院は、「離島」という立地条件でもあり、薬剤の在庫・流通については、細心の注意を払っています。