TOP新着情報レスパイト入院について

新着情報

新着情報一覧へ

2016.08.08
レスパイト入院について


レスパイト入院について

<レスパイト入院とは>

レスパイトとは、「一時休止」「休息」「息抜き」という意味です。
例えば、近親者の冠婚葬祭、介護者の病気、出産、旅行など家族の事情で一時的に在宅介護が困難になった場合に、病院に患者さんに入っていただき、医療保険を利用する入院をレスパイト(介護休暇目的)入院と言います。

<ご利用可能な方>

  • かかりつけ医・ケアマネジャーからの要請がある患者さん
  • ショートステイやデイサービス等を受けにくく、介護が必要な方
  • 医療保険適用の方

<基本ルール>

  • 1回の入院期間は、原則2週間以内です。
  • 次回のご利用は、原則2か月後とさせていただきます。
  • 入院開始日は、平日の午前中を原則とします。
  • レスパイト入院後の退院先は、ご自宅の患者さんのみに限らせていただきます。
  • 内服薬等はご持参いただいた分を、服薬していただきます。

<入院受入れの流れ>

かかりつけ医・ケアマネジャーより地域包括健康増進センターへ相談

レスパイト入院連絡票・情報提供書をFAX

4階療養病棟へ受け入れ確認

受け入れ決定次第、かかりつけ医・ケアマネジャーに連絡

入院

★レスパイト入院連絡票のダウンロードはこちら

<注意点>

  • レスパイト入院中は、原則として検査・リハビリ等は行いません。
  • 診療目的での入院を優先していますので、レスパイト入院のお申し込みをいただいた場合でも、ご希望に添えない場合があることをご了承くださるようお願いいたします。

長崎県壱岐病院 院長


詳細情報一覧へ