TOP新着情報外来がん化学療法室

新着情報

新着情報一覧へ

2019.04.01
外来がん化学療法室

■ がん化学療法とは

抗がん剤という薬剤を使ってがんを治療する方法です。

ある程度、副作用は予想できますので対応した薬剤を予め使用することで副作用の症状を軽くすることができます。このため、最近では外来で化学療法を行うことが可能になってきました。また、身体の痛みや気持ちの辛さ、家族の心配などのケアも含めた「緩和ケア」も同時に行います。

 

  • ■抗がん剤によってがん細胞の増殖を抑えます。
  • ■薬物療法にはのみ薬と点滴・注射による方法があります。
  • ■外来でも治療が可能です。
  • ■緩和ケアと同時並行で治療を行います。
 

当院でも2014年から外来化学療法を行っています。

消化管内視鏡検査の増加、当院で診断されるがん患者さんの増加に伴い、当院での抗がん剤治療も増加傾向にあります。

現在、がんの種類は消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん、直腸がん)が半数以上を占めますが、膵がん、胆管がん、肺がん、血液のがん(ATLL、多発性骨髄腫など)についても島外の医療機関と連携して対応しています。

がん科学療法グラフ

 
  • ■通院での治療はできますか?
抗がん剤や副作用に対する薬剤の開発が進み、外来通院で治療を受けることが可能な患者さんが増えてきました。患者さんの状態や治療方法によりますが、当院でも外来治療(飲み薬、点滴注射など)を行っています。
  • ■入院での治療はできますか?
入院治療を必要とする化学療法も行っています。また、原則として外来で行うことになっている治療についても、副作用の個人差や患者さんの生活事情などを考慮して短期入院での治療も行っています。
  • 治療や病状のことを相談したいのですが・・・
最近は飲み薬で行う治療の種類も増えてきています。次回の外来までご自宅で飲み薬を続けていただく場合もあります。ご自宅で出てしまった副作用、また、外来で点滴治療を受けてご帰宅した後の症状や不安なことなど、いつでも相談していただけるように下記の連絡カードをお渡ししています。

 

化学療法チーム

化学療法チーム



 

■連絡方法

長崎県壱岐病院 代表番号 0920―47―1131

「抗がん剤治療を受けている」とお伝えください

 

以下の通り、電話対応させていただきます。

平日    8時30分〜17時15分       内科外来看護師
時間外   17時15分〜翌8時30分      救急外来看護師
土日祝日  終日                 救急外来看護師

 

症状が重篤な場合など、夜間でも緊急入院で対応します。
お困りの際は遠慮なくご相談ください。

 
  • ■島外の医療関係者の方へ
壱岐島から島外の医療機関を受診され、がん治療を受けている患者さんは非常に多くいらっしゃいます。

術後補助化学療法、治療導入後の継続目的でのご紹介、島外への通院に負担がある壱岐島の患者さんでお困りの際など、当院地域連携室へご一報いただけますと幸いです。

また、島外での化学療法期間中の有害事象や治療後の採血確認など、また、治療期間中の連携(FAX、お電話で対応します)も行っておりますのでご相談ください。

詳細情報一覧へ